http://www.s-jitugyouka.com
 
塾生・卒業生の実績
青年実業家塾に入った塾生は、どんな実績をあげているの?

また、卒業生は、その後何をやっているの?
   
 
 
篠原一貴(1985年生まれ 千葉県成田市)
   
 

【塾生時代】

■「サプライズアイディア集」を年間で650冊販売
■「0から稼ぐドットコムDVD」を65本販売
■アフィリエイト手法を開発。「ちょい悪アフィリエイト1&2」と称し情報教材化。
10日間で638万円売り上げる。
■アフィリエイトツールを開発「にこにこアフィリエイト」として販売。6日で1714万円を売り上げる。


わずか、6日で1714万円売り上げた、篠原君の「にこにこアフィリイエト」売上管理画面


【卒業後】

サプライズアイディア集を書籍化塾生の出版1人目

サプライズプレゼント 
篠原一貴著(ロコモーションパブリッシング)


株式会社サプライズコレクションを立ち上げる。
■投資系アフィリエイトサイトを成功させ、2年半で6000万円以上の売り上げを達成。


■若手起業家として、マスコミから取材を受ける事多数。
■千葉商科大学「経営心理学部」において、同じ年の大学生を相手に、講師を務める。



2010年1月25日発売
「BIG tomorrow」357号に掲載。



2010年8月25日発売。
「BIG tomorrow」364号に掲載。



『儲かる 究極のネットビジネス』で、本当に儲けた12人の中の1人として掲載。


現在、多数のビジネスをコラボレーションして、展開中。

篠原君のブログ
http://ameblo.jp/kazuki4no/

 
 
まりりん(福岡県出身)
   
 

キャバクラ勤務の経験を生かし、塾生時代から「キャバ嬢の営業応援」の為のサービスを考案。
ラブキャバ.comを立ち上げる。

携帯で、一斉に営業メールが送れる、「小悪魔メール」を開発。
月会費制で、継続的に安定した収益が取れるビジネスモデルになっている。

現在、営業メールテンプレート、テクニック集など、商品を次々リリース。

毎月60〜70万円の売り上げをコンスタントにあげる。



卒業後の2010年7月
そのコンテンツが、出版社の目にとまり、処女作「気持ちを伝える話し方」をビジネス社より出版。塾生で3人目の著者


気持ちを伝える話し方 
阿志賀真理著(ビジネス社)

ビジネスの自動化に成功し、2011年現在カナダに在住。

マリリンのブログ
http://ameblo.jp/lovecaba/

 
久保田将嵩(1992年生まれ 熊本県出身)
   
  九州の大学を中退後、21歳で入塾。
塾に在籍中アフィリエイトの勉強をするうちに、独自の手法を発見し、 月に15万円を売り上げる。

その方法を「超トレンドアフィリエイト」としてパッケージ化。
2014年2月に、1カ月の期間限定で発売。12800円のノウハウを 370本販売。473万6000円を売り上げる。
 
松浦秀俊(1982年生まれ 東京都出身)
   
  リンデンラボ社の仮想空間サービス「セカンドライフ」をいち早くマスター。
都内で、セカンドライフセミナーを開催、満員御礼。

そのセミナーDVDも販売、予約だけで100部を売り上げる

セミナーの様子 注文を受けたDVDの発送の様子

セミナーの内容が評価され、エクスメディア社から、出版のオファーが来る。
セカンドライフで稼ぐAtoZを上梓。塾で2人目の著者となる。

セカンドライフカンファレンスでも講師を務める。


セカンドライフで稼ぐAtoZ 
松浦秀俊著(エクスメディア社)
 
浜田貴洋(1988年生まれ 新潟県出身)
   
 

大学4年を迎える年に、「就職せずに、起業したい」と、青年実業家塾に入塾。

入塾後、独自のアフィリエイト手法を構築。2ヶ月で約10万円を売り上げる。
すぐさまその手法を、情報教材化。

「草食アフィリエイト2」と名付け、1か月で365万円を売り上げる。

「草食アフィリエイト2」は、インフォトップの販売ランキングで1位を記録。


※浜田君((株)青年実業家)のインフォトップインフォプレナー管理画面。他、自社リストで約110万円売上。

卒業後、様々なアフィリエイトを習得。
独自の理論で、多数のアフィリエイトサイトを構築。

卒業して1年後のアフィリエイトによる収入は、月に約150万円を突破。

2011年6月。24歳で法人化。
「株式会社 ウェブエキスパート」を設立し代表取締役に就任。

 
原知生(1983年生まれ 香川県出身)
   
 

塾在籍時から、準備をしていた「パチスロの評価サイト」を軌道に乗せる。



他、アフィリエイトで月に50万円以上を、コンスタントに売りあげる。

2012年10月法人化。
「株式会社 Tスタイル」代表取締役社長に就任。

 
鈴木ゆうすけ(岩手県出身)
   
 

大学の薬学部3年生の時に、大学を辞めることなく、学生起業家になる事を目標に入塾。

美容系のノウハウを、組織を作って実践しコミュニティを発案し、構築する事に成功。

立案から6ヵ月後に、月商40万円を超える利益を出す。

2011年6月。21歳で法人化。 目標だった、大学生社長を実現する。

 
秋田谷結香(1985年生まれ 埼玉県出身)
   
  親孝行に特化したサイトを作成し、「子供がしてあげた親孝行」「親が嬉しかった親孝行」のアンケートを200件以上集め、サイトで公開。

親孝行のポータルサイト、「親孝行Style」を開始。


そのユニークさから、開始半年でNHK「あさイチ」の取材を受ける


NHK「あさイチ」の取材の様子


また、公明新聞にも大きく取り上げられるなど、マスコミを中心に知名度を上げている。


公明新聞(2011年5月3日号)
※(公明党とは関係ありません)
 
松本明奈(1986年生まれ 東京都中野区)
   
 

デートプランを携帯で楽しめるコンテンツを発案。

取得が難しいと言われる、携帯の公式コンテンツをSoftBank Auの2キャリアで取得。

現在はオーストラリア在住。

■デートモビ(Soft Bank公式)
■デートモビ(Au公式)

若者へ
保護者の方
主宰者あいさつ
主宰者プロフィール
起業家FC希望の方
特別講師陣