http://www.s-jitugyouka.com
 
スコミ関係者各位
 
取材を希望される方は、こちらをご覧ください。
   
 
 
【先の見えない国】

現在の日本は、先行きが不透明です。

貧困率(※1)が高まり、格差が広がり、多くの人が、「このままでいいのか?」と疑問を持つようになっています。

若い子たちも同様に、危機感を感じはじめています。

マスコミでは、今の若い子は、「フリーター」「ニート」(※2、3)など、
ステレオタイプな紹介のされ方が中心です。

しかし、本当にそうでそうか?


塾に通う生徒たちは、将来の事を、真剣に考えています。

「親に、家を建ててあげたい。」
「地元に、図書館を作りたい。」

など、自分の事だけでなく、社会に役立ちたいという、考えもしっかりもっています。

全く新しいジャンルの「インターネット起業塾」で、
「将来を真剣に考える若者」に、取材を希望される場合は、
弊社広報担当までメールで、ご連絡をください。

 
  【塾の詳細】


株式会社 青年実業家では、15歳から24歳までの若者に限定した、
「インターネット起業塾」を主宰しています。

塾所在地は、本校(千葉)をはじめ、東京、埼玉、栃木と、現在も拡大しています。

当塾の、最大の特徴は、「授業料が無料」という点です。

代表者の金盛哲二が、立ち上げ、プロデュースしたサイトは、多数に上り(下記参照)そのノウハウを、起業家予備軍に提供しています。
  【法人情報】


■屋  号 株式会社 青年実業家
■代表取締役 金盛哲二
■本社住所 千葉県佐倉市坂戸990番地
■本校住所 千葉県八千代市村上2664
■業務内容 若者限定のインターネット起業塾の運営


代表者 金盛哲二のプロフィールはこちら

同、金盛哲二の運営、プロデュースサイトと、過去の取材履歴は、下記に一覧がございます。
 
【(※1)貧困率】
平均所得の半分以下を「貧困」という。
現在では、可処分所得が131万円以下が対象となる。
(月収で言えば、11万円以下。)

日本の貧困世帯は、17%(6世帯に1世帯)
29歳以下に限れば、25,9%(4世帯に1世帯)
「日本の貧困研究」(東京大学出版会 橘木俊詔 浦川邦夫 著)

【(※2)フリーター】
2004年現在、フリーター人口は213万人。
しかし、多くの若者は、このままではいけない、と考えており
「フリーターを続けたいという人は、わずか2%」しかいない。

一方で「就職したい」が64%。「独立・起業したい」と考えている若者も18%にものぼる。
(日本雇用創出機構)

【(※3)ニート】
厚生労働省の「労働経済白書」によると、就職・就学をしないニート人口は、2004年時点で64万人。
(厚生労働省)
 
   
塾に興味のある若者
保護者の方
主宰者あいさつ
主宰者プロフィール
起業家FC希望の方
特別講師陣
■取材履歴
「好き」を仕事にする本
当塾の主宰者、金盛哲二の著書です

身体障害者になり、会社からリストラ。
ゼロからのスタートで「エンスーの杜」を、2年半で全国展開。
「趣味」をビジネスにする、アイディアや方法が収められています。
"好き"を仕事にする本
金盛哲二 著
ロコモーション・パブリッシング
1470円(税込み・240頁)
 
雑誌で紹介されました
『ENGINE』
2007年11月号
 
『BIG tomorrow』
2007年10月号
 
 
『BIG tomorrow』
2007年新年号
 
『SPA!』
2007年1月2・9日号
 
『SPA!』
2006年7月4日号
 
 
『ベストカー』
2005年9月26日号
 
『Free & Easy』
2005年5月号
 
 
『Old-timer』
2004年2月号
 
 
copyright (C) 2006 s-jitugyouka.com.All right reserved.    お問い合せ